主な3タイプ

女性

睡眠障害は早めに対応を

寝床に入ってもいろいろと考えてしまって、そのせいで寝付けないことが続き、我慢できずに窓を開け時計を見て悲しくなるようなことがあるなら注意が必要です。以前は眠るということに対してこんなに意識をしていなかったのに、近頃眠りに関してことさら意識している状態なら、うつ病の可能性は高くなります。そもそもうつ病でなくても、不眠という症状が続くのは、体に何らかの支障をきたし、生活にも影響を与えます。うつ病の不眠というのは、もしかしたら少しは眠っているかもしれないのに、やたらとくっきりとした夢を見て頻繁に目が覚めてしまうので、全く眠った気がしないなど悶々と夜を過ごすことが多いです。そして、朝がくるとめまいがするほど頭が疲れ、体がダルイなど身体的症状により起きれないので、目覚めが悪く朝食もとれずにフラフラと出勤する日が続きます。そんな日々がそう長く続くわけがなく、週の半分以上不眠が続けば、日中の行動に何らかの影響が出ます。このような状態が慢性化すると不眠症となり、部分的な生活改善だけでは解決できなくなります。眠れないことで心身の回復はできなくなり、もともとうつでなかった人も、そこからうつ病になることもあるほどです。市販薬を1ヶ月以上服用しても不眠改善されず、ほかにも何らかの症状がでているようなら、うつを疑って受診することが重要です。うつ病にはタイプがありますが、ほとんどのタイプで不眠の症状はついてまわります。典型的なうつ病といわれているものは、大別してうつ病性障害と双極性障害、気分変調症です。中でもうつ病性障害は、一般的に知られているもので、不眠の症状のほか抑うつ状態が2週間以上、月単位で続き、もともとの性格も生真面目でメランコリー親和型です。このタイプに関しては、抗うつ剤の効果が良好となっています。また、双極性障害はこの3タイプの中で唯一、躁状態が確認されるものになります。持続期間は単極性のもとと変わりありません。病前性格は単純な作業をこなすのが苦手ですが、アイディアマンでリーダー気質もあり、その人がいるだけで場が盛り上がるというような循環気質の人が多いです。抗うつ剤の効果はやや不良とされており、躁状態、うつ状態ともに不眠は伴います。そして、気分変調症は、ダラダラと不調が継続するタイプです。もともとの性格が自己不確実な人が多く、若者に多いのも特徴の一つです。抗うつ剤の効果がほかのタイプと比べると得られにくいですが、長期的に見るとある程度効果が出てきます。このタイプは、放置が続いたり、治療の過程でうつ病性障害へ移行したりすることもあるので注意が必要です。

看護師

性格や環境に左右される

うつ病というのは、生まれ持った気質や家庭環境などが非常に影響する病気です。うつ病の治療は下山案内ですので、周囲はそっと肩に手をかけ、休ませながらも本人ペースで、症状にあわせてソフトランディングことが大事です。

カウンセリング

何科を受診すればいいか

うつ病の病院選びで大切なことは、身体面にも症状が出ているのかです。心が辛いのか体が辛いのかによって病院を選択することをおすすめします。また、治療費に関しては自立支援医療制度が適用されますので、申請してみてください。

ハート

自覚する大切さ

うつ病の症状がある場合、カウンセリングによって本人がさまざまなことを自覚することによって、良い方向に向かっていきます。しかし、周囲の人は、当人が気付きにくいストレスをいち早く察知することが可能で、悪化を防ぎ、発症予防にもつながります。

医者

治療の流れを知っておこう

うつ病は精神症状や身体症状が見られるため、体の不調が原因で病院やクリニックに通院をすると、病気が診断されることもあります。早い段階から治療を始めることで、辛い症状を改善したり、学校や職場に復帰をすることもできます。

人気記事

看護師

性格や環境に左右される

うつ病というのは、生まれ持った気質や家庭環境などが非常に影響する病気です。うつ病の治療は下山案内ですので、周囲はそっと肩に手をかけ、休ませながらも本人ペースで、症状にあわせてソフトランディングことが大事です。

カウンセリング

何科を受診すればいいか

うつ病の病院選びで大切なことは、身体面にも症状が出ているのかです。心が辛いのか体が辛いのかによって病院を選択することをおすすめします。また、治療費に関しては自立支援医療制度が適用されますので、申請してみてください。

ハート

自覚する大切さ

うつ病の症状がある場合、カウンセリングによって本人がさまざまなことを自覚することによって、良い方向に向かっていきます。しかし、周囲の人は、当人が気付きにくいストレスをいち早く察知することが可能で、悪化を防ぎ、発症予防にもつながります。

医者

治療の流れを知っておこう

うつ病は精神症状や身体症状が見られるため、体の不調が原因で病院やクリニックに通院をすると、病気が診断されることもあります。早い段階から治療を始めることで、辛い症状を改善したり、学校や職場に復帰をすることもできます。