治療の流れを知っておこう

医者

身体的な不調が見られる

うつ病は結婚や進学、就職などで環境が大きく変化したり、家族との関係がうまくいかなかったり、職場の人間関係などでストレスが掛かるとうつ病を発症する可能性があります。うつ病には精神症状と身体症状の2種類が見られるようになります。気分が落ち込んだ状態が長く続いたり、気力や意欲が低下してしまい、仕事や家事の効率が悪くなったり、睡眠障害が見られて昼夜が逆転することもあります。うつ病は午前中が一番気分が優れず、夕方や夜間になると少し改善することが多いです。病気に罹ると胃腸の調子が悪くなったり、便秘や下痢を繰り返したり、頭痛や肩こりなどの体の症状が見られることもあります。体の不調が原因で病院やクリニックに通院をすると、うつ病が診断されることもあります。気になる症状が見られたら、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。早期に発見して適切な治療を受けることで、辛い症状を緩和したり、職場や学校に復帰したりすることもできます。初めて通院をする時は不安を感じている人が多いですが、精神神経科の病院やクリニックは怖い所ではないので安心して下さい。清潔な個室でカウンセリングや問診、診察が受けられます。なるべく家族に付き添ってもらって下さい。健康な人は一時的に気分が落ち込んだり、不安感を感じたりしても数日を経過すると改善するケースがほとんどです。うつ病は強いストレスを受けたり、疲労が蓄積したりすることで発症しやすくなります。うつ病を予防するためには、精神的な疲労を感じたら十分な休息を取るようにしたり、適度に娯楽や趣味を楽しんだりすることも大事です。うつ病に罹ると誤った考えを持つようになったり、悲観的になりやすいですが、病院やクリニックでカウンセリングなどの精神療法を受けたり、認知行動療法なども大変有効な治療法です。うつ病は几帳面で真面目な性格の人が罹りやすい傾向がありますが、過度なストレスを受けると誰でも罹る可能性があります。うつ病を予防するためには、家族や友人などの信頼できる人に悩み事を聞いてもらったり、疲れを感じたりしている時は、配偶者やお子様に家事を手伝ってもらうことも大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師や医療スタッフが在籍をしているので、不安や悩みを親身になって聞いてくれます。病気の症状には抗うつ剤や抗不安薬などの薬が大変有効なので、処方されたらきちんと服用することが大事です。抗うつ剤は即効性がありませんが、毎日続けていると少しずつ辛い症状が改善してきます。